· 

クラウドファンディング応援しています

すでにfacebookでもお知らせしていますので、このページをご覧いただいている多くの方がご存じかもしれませんが、現在、岐阜県・御嵩町がクラウドファンディングを9/23まで挑戦しています。

 

今から100年前の1920年8月21日に今の名鉄広見線(新可児駅-御嵩口駅)が開通しました。

 

開通してから時代とともに広見線は亜炭を名古屋・多治見に輸送したり、住民、観光客などを運んできましたが、時代がモータリゼーションを迎えるとこの区間の利用者数は年々減り、全盛期は名古屋方面や岐阜方面から直通運転もありましたが、直通運転はなくなり今は新可児駅-御嵩駅の往復運転がされています。

 

利便性などが変わった事もあり、2000年代に入ってから存続の危機を迎えています。

 

広見線を応援する御嵩町と名鉄広見線活性化協議会は今よりもっとたくさんの人に広見線を知ってもらい、利用してもらい、沿線に広がる可児市・御嵩町・八百津町が発展し、町と人が豊かになってほしい。そんな想いを100周年の記念すべき日を迎えるのに合わせて住民参加型の短編映画を制作しました。

 

前置きが長くなりましたが、この短編映画制作に僕も参加しています。

キャストなど、目立つ役割ではなく、広報・メイキングという完全に裏方としての関わりですが、映画ポスターや、記念グッズなどの制作、広報としての発信などを仲間と一緒にやっています。

 

もともと、開通記念日に一番近い週末である8/23に記念イベントを開催し短編映画もそこで公開する予定でしたがコロナ禍にあるため、現在せっかく制作した映画が公開できずにいます。

 

コロナに対応した公開方法の1つにカーシアターなどでの公開という方法もありますが、少ない予算で全力で映画制作をしてきたので今、カーシアターなどを用意する余裕がありません。

 

みんなでつくった映画がコロナで公開できず、誰にも観てもらえないなんて事はしたくありません。

少しでも多くの人に映画を見てもらい、もっと知ってほしい。乗ってほしい。来てほしい。

その想いを叶えるために映画公開のためのクラウドファンディングに挑戦しています。

 

支援締め切りは9/23

 

最小3000円から参加いただけます。

支援頂けた方は映画のエンドロールにお名前を掲載させていただけるほか、地域の特産や記念グッズも返礼品に入っています。

 

応援、よろしくお願いいたします。

 

【クラウドファンディング/ 名鉄広見線(新可児駅~御嵩口駅)開通100周年記念映画制作プロジェクト】

https://camp-fire.jp/projects/view/266112?list=movie_popular