· 

今という瞬間を大切に

2011年3月11日

 

その日東北は雪が舞っていて、テレビでみている自分も辛さが伝わってきていた。

 

特番、速報でながれる被害情報はどんどん増え、日本という国が半分消えてしまうのではないか、この先どうなってしまうのか。という不安と恐怖があった。

 

あれから10年。

10年という1つの節目の今朝、被災地に青空が広がっていて、本当によかったと思った。

被災して、大切な人や場所を失った人たちにとっては、まだ悲しみは消えないと思うけれど、今日の日が「晴れ」と「雨」「雪」ではこれからの気持ちが違っていたと思う。

 

この震災も今のこのコロナも、いつ何が起きるかわからないこの時代。

今が当たり前と思わずに、1日、1年を大切に、しっかりと記憶と写真で未来の自分、未来の大切な人に残していこうと思います。

 

「きっとうまくいく。そう信じて。」