· 

キャッチフレーズ

今、ご覧頂いているこのwebページをリニューアルするにあたり、分かりにくいですが、色々新しくしました。

 

その中の1つ、キャッチフレーズもようやく今のフレーズにしました。

実は2020年からのワードですが、あまり表立って披露する機会がありませんでした。

 

この「写真で変える 世界が変わる」には僕なりの想いが詰まっています。

 

僕をよく知る人の中には既にご存じの方もいますが、今風にいうと「HSP」で中々の繊細人です。

 

本人も気づかないような言葉の言い回しや、表現の変化で察してしまい、考えすぎてしまいがち。

 

繊細さんは、いい面もありますが「わかりすぎてしまう」という困った面もあります。

 

まぁ、この気質はたぶん一生付き合っていくしかないので今さら変える事もできませんが、この繊細さがあるから分かった事もあり、それがこのキャッチフレーズに繋がっています。

 

 

例えば、こんな経験ありませんか?

 

----------

 

 

昨日、職場(学校)に行くと友人Aが旅行に行ってきたらしく、ずっと憧れていたブレスレットをお土産として買ってきてくれた。

 

ブレスレットが好みすぎて、すごくうれしい!

 

 

----------

 

 

今日

昨日友人Aと夕方喧嘩した。

どっちかが悪い訳じゃなく、ちょっとした意見のすれ違いなんだけど、つい言いすぎちゃった。

その友人とは職場(学校)が同じで席も近い。

同じ空間で過ごすのはちょっと嫌で、行きたくない。

 

 

 

----------

 

この違いって何だと思いますか?

 

 

同じ場所、同じ風景、同じメンバー。

 

 

 

違うものって言えば、そう。

 

 

 

気持ちなんです。

 

 

 

 

「いやだな」「自信ないな」「不安だな」って負の想いが占拠している時って、

いつもの街も、いつもの駅も、いつものお店もどことなく、暗く感じる。

 

 

でも、嬉しい事、たのしい事があると、輝いて見える。

 

 

 

結局物事の多くは自分が決めつけているんですよね。

 

 

 

 

話が長くなりましたが、まとめると・・

 

自分のプロフィール写真や、自分が頑張って作った商品、作品が素敵な写真だと、

「すごい!この写真だとみんな興味をもってくれる!」ってなりますよね。

 

 

 

【自分で自分を前に向けて、見えている世界を変えられる写真を提供する。】って想いを込めています。

 

一見、昨日と同じ今日でも絶対何かが違う。

何かが違うし、人生は有限。

だったら、毎日楽しいほうがいい。

(まぁ、落ち込んだり不安に襲われる日も当然ありますけどね。笑)

 

 

 

そう思って僕自身も頑張っています。

 

 

これを読んでいるあなたの目の前の世界は輝いていますか?